ファイル名を変更したい(保存先フォルダを移動させたい)

Excel VBA Tips集-5

ファイル名を変更する方法

ファイル名を変更するにはNameステートメントを使います。Excelファイルだけではなく、Wordファイルやテキストファイル等のリネームもできます。またフォルダの名前を変更することもできます。

さらに、フォルダの移動もNameステートメントで行うことができます。

現在、開いているワークブックに対して、Nameステートメントを使うと、エラーになってしまいます。一度、ワークブックを閉じてから、Nameステートメントを実行すれば問題ありません。

Nameステートメントの使い方

(例)Name “C:\works\sample.xlsm” As “C:\works\test.xlsm”

(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)

下記にサンプルプログラムを掲載します。

[スポンサードリンク]

サンプルプログラム

(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)

もし元のファイル名が存在しない場合、エラーになり、マクロが止まってしまうので、Dir関数を使って、名前を変更したいファイルが存在しているかどうかをチェックしています。

【参考:Dir関数の戻り値】

場合 戻り値
指定したファイルが存在している場合 ファイル名(例:sample.xlsm)
指定したファイルが存在していない場合 空の文字列(””)

[スポンサードリンク]

関連項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA