ファイルパスからカレントフォルダのパスを抜き出したい

Excel VBA Tips集-3

ファイルパスからカレントフォルダのパスを抜き出す方法

例えば、「C:\works\sample.xlsm」から「C:\works\」を抜き出すには、Dir関数Replaceメソッドを組み合わせて用います(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)

例えば、Dir関数に「C:\works\sample.xlsm」を渡すと、ファイル名の部分(sample.xlsm)が返ってくるので、Replaceメソッドに「C:\works\sample.xlsm」とファイル名の部分(sample.xlsm)を渡し、ファイル名の部分空の文字列(””)で置換すれば、「C:\works\」、つまりカレントフォルダのパスを取得することができます。

日本語で説明するとなんだかややこしい感じになるので、早速、サンプルプログラムを見てみましょう。

[スポンサードリンク]

サンプルプログラム

(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)

Replaceメソッドは「Replace(元になる文字列, 置換する文字列, 置換後の文字列)」という文法で用います。(例)Replace(“醤油ラーメン”, “醤油”, “味噌”)と書くと、結果は「味噌ラーメン」になります。


の部分を具体的な値で書くと、

という具合になっています。sample.xlsmを空の文字列(“”)で置換しているので、
結果的には、C:\works\sample.xlsmの中のsample.xlsmを消去していることになります。

なので、最終的に得られる値はC:\works\です。

【実行結果】

カレントフォルダのパス

[スポンサードリンク]

関連項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA