ファイル(ブック)が存在しているか確認したい

Excel VBA Tips集-4

ファイル(ブック)が存在しているかどうかを確認する方法

任意のファイル(ブック)が、あるフォルダに存在しているかどうかを確認するにはDir関数を使います。

Dir(ファイルパス)と書くことで、指定したファイルが存在しているか否かを調べることができます(例:Dir “C:\works\sample.xlsm”(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)

もしファイルが存在していれば、Dir関数ファイル名を返します(例:sample.xlsm)。

もし指定のファイルが存在していなければ、Dir関数空の文字列(””)を返します

Dir関数の使いどころ

例えば、Openメソッドを使って、
Workbooks.Open Filename:=”C:\works\sample.xlsm”(※Windows環境の場合はバックスラッシュ(\)記号を、半角の【¥記号】に読み替えて下さい)等と、別のブックを開くマクロを書くような場合、もし「C:\works\」に、「sample.xlsm」が存在しないときは

実行時エラー’1004′:申し訳ございません。C:\works\sample.xlsmが見つかりません。名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。

というエラーメッセージが表示され、マクロが途中で停止してしまいます

こうした事態を防ぐためにも、Dir関数を使って、あるブックが指定のファイルパスに存在しているかどうかを確かめることは重要です。

下記に簡単なサンプルプログラムを示します。

[スポンサードリンク]

ブックが任意のフォルダに存在しているかどうかを調べるサンプルプログラム

【実行結果】

Dir関数-1

関連項目

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA