Do Loopによる繰り返し処理を使いたい

初心者のためのExcel VBA

Do Loopによる繰り返し処理

Do Loopステートメントによる繰り返し処理は「何回繰り返すか不明な場合」に用います

[スポンサードリンク]

逆に、何回繰り返すか分かっている場合はFor Nextステートメントを用います。For Nextステートメントの詳細については「繰り返し処理(For Next)」をご参照下さい。

Do Loopステートメントの書式

Do While 条件式
  繰り返す処理
Loop

Do Loopステートメントは、「While 条件式」の条件式が成り立っている限り、繰り返し処理をし続けます。尚、「While 条件式」は省略可能です。「While 条件式」を省略した場合、Exit Doステートメントを用いてループを強制的に抜けます。

Do Loopステートメントのサンプルコード

今回のサンプルコードは下記のExcel画面のA列のセルを、A1⇒A2⇒A3…と1つ1つ見ていき、空白セルにぶつかった時点で繰り返し処理を終了します。

また、各セルを通る都度に、そのセルの値が偶数かどうかを判定し、偶数の場合は、B列に「偶数」と入力します。

Do Loop-1

【実行結果】

Do Loop-result-1

確かにA列のセルの値が偶数の場合だけ、B列に「偶数」と入力されていますね。

関連項目

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA