任意のセルの左隣りのセルを指定したい

初心者のためのExcel VBA

任意のセルの左隣りのセルを取得する方法

任意のセルの左隣りのセルを取得するにはPreviousプロパティを利用する方法と
Offsetプロパティを利用する方法の2種類があります。

Previousプロパティを用いたサンプルコード

Range.Previousプロパティは任意のセルの左隣りのセルを指し示します。

邪道ではありますが、Range(“C2”).Previous.Previous.Selectと書くと、C2セルの左隣のさらに左隣りを表すので、結果的にA2セルを選択状態にします。

Offsetプロパティを用いたサンプルコード

Offsetプロパティは、Offset(上下方向, 左右方向)という書式で使います。「左右方向」の位置に、マイナス値を指定すると左方向への移動になります。

Offsetプロパティの使い方の詳細は「OffSetプロパティ」をご参照いただければと存じます。

関連項目

 

使える!Excel VBA Tips集TOPに戻る

 

[AD]自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA