任意のセルの右隣りのセルを指定したい

Excel VBA Tips集-3

あるセルの右隣りのセルを指定する方法

Nextプロパティを利用すれば、任意のセルの右側のセルを参照できます。

サンプルコード

A2セルのすぐ右のセルなので、B2セルを選択しています。

サンプルコード実行前のExcel画面

サンプルコード実行後のExcel画面

Offsetプロパティを用いて任意のセルの右隣りを表す方法

またOffset(上下方向の移動数, 左右方向の移動数)を用いて任意のセルの右隣を表すこともできます。

例えば「Offset(3, 0)」とした場合、セルの選択範囲を下方向に3マス移動させることができます。逆に「Offset(-1, 0)」とした場合、任意のセルの1つ上のセルを参照します。

一方で、「Offset(0, 1)」とした場合、任意のセルの右隣りを表し、「Offset(0, -1)」と書くと、任意のセルの左隣を表します。

また、「Offset(1, 1)」と書くと、任意のセルの斜め右下を表します。例えばA1セルを選択している状態であれば、B2セルを表します。反対にB2セルを選択している状態で、
Offset(-1, -1)」と書くと、A1セルを表すことができます。

Offsetプロパティで任意のセルの右隣りのセルを表すサンプルコード

任意のセルの左隣りを表すサンプルコード

任意のセルの左隣りを表すには、Previousプロパティを利用するか若しくは、
Offset(0, -1)プロパティを利用します。

このサンプルコードの実行結果は以下のようになります。

ではA2セルを選択している状態で、C2セルを選択するにはどうすればいいでしょうか。

以下のサンプルコードのように「Offset(0, 2)」を指定すれば、基準となるA2セルから見て右方向に2マス移動した先のセル、すなわち、C2セルを選択することができます。

まとめ

  • 任意のセルの右隣りを表すにはNextプロパティかOffset(0, 1)プロパティを用いる。
  • 任にのセルの左隣りを表すにはPreviousプロパティかOffset(0, -1)プロパティを用いる。
  • 任意のセルの真上を表すにはOffset(-1, 0)プロパティを用いる。
  • 任意のセルの真下を表すにはOffset(1, 0)プロパティを用いる。

関連項目

 

使える!Excel VBA Tips集TOPに戻る

 

[AD]自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA