セルの選択範囲を変更する(リサイズする)には-Excel VBA Tips

初心者のためのExcel VBA

セルの選択範囲を変える方法

セルの選択範囲を変える(リサイズする)にはSelection.Resize(数値1, 数値2)を用います。

また予備知識として、以下のプロパティを知っている必要があります。

セルの選択範囲の行数を取得する方法

Selection.Rows.Countで選択中のセルの行数を取得できます。

詳細は、「範囲選択中のセルの行数をカウントし取得するには」をご参照下さいませ。

セルの選択範囲の列数を取得する方法

Selection.Columns.Countで選択中のセルの列数を取得できます。

詳細は「範囲選択中のセルの列数をカウントし取得するには」をご参照下さいませ。

セルの選択範囲を変更するサンプルコード

サンプルコード実行前の状態は以下の画像の通りです。

画像から分かる通り、A1セルからC3セルを範囲選択している状態ですね。以下のサンプルコードではこの選択範囲をA1セルからE2セルまでに変更しています。

このサンプルコードの実行結果は以下の通りです。

しかし、この方法では選択範囲そのものを移動させることができません。選択範囲そのものをスライドするように移動させるにはOffsetプロパティを利用します。

Offsetプロパティの詳細は「セルの選択範囲を移動させよう」をご参照下さいませ。

例えば以下のように書くと、A1からE3を選択している状態からC4からG5を選択している状態に変更できます。

イメージとしては以下の画像のような選択範囲の移動になります。

このようにResizeOffsetを用いれば、セルの選択範囲を自在に操ることができて便利です。

関連項目

 

使える!Excel VBA Tips集TOPに戻る

 

[AD]自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA