範囲選択中のセルの行数をカウントし取得するには-Excel VBA Tips

Excel VBA Tips集-6

選択範囲の行数をカウントする方法

現在、選択しているセル範囲の行数を取得するには、Selection.Rows.Countプロパティを用います。

選択範囲の行数をカウントするサンプルコード

このサンプルコードの場合、Selection.Rows.Countプロパティの値は5になります。

尚、選択範囲の列数を求めたい場合はSelection.Columns.Countプロパティを用います。

またCellsプロパティとSelection.Rows.Countプロパティ、Selection.Columns.Countプロパティの3つを組み合わせることで、現在、範囲選択している複数のセルの一番右下のセルを特定することができます。

上記のサンプルコードの実行結果は以下のようになります。

選択されているセル範囲の行数と列数を取得する

[スポンサードリンク]

関連項目

 

使える!Excel VBA Tips集TOPに戻る

 

[AD]自分のペースでゆったり学ぶ Excel VBA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA